ブラジリアンワックスとは?効果やメリット・デメリット

ブラジリアンワックスとは?効果やメリット・デメリット

ブラジリアンワックスは手軽に脱毛できて仕上がりがきれいと注目を集めていますね。

ブラジリアンワックスで脱毛すると一度でツルツルのお肌が手に入ると人気です。

でも、はじめて聞いた時は、

ブラジリアンワックスってなんだろう?

あれってものすごく痛そうだけどいい感じなの?

と疑問も多いもの。

本当にそんなに脱毛効果があるのか?痛くないのか?と気になることもありますよね。

この記事ではブラジリアンワックスとはどういうものなのか、効果やメリット・デメリットなどブラジリアンワックスの基本について紹介します。

さちこ

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスは粘性のあるワックスを使った脱毛方法の1つです。

ブラジリアンワックスは顔や眉毛、脇、鼻毛などムダ毛が気になる全身のほとんどの部分に使用できます。

中でも、ブラジリアンワックスは粘膜に近い箇所でも脱毛できるため、ビキニラインやデリケートゾーンなどアンダーヘアの脱毛方法として人気です。

そもそも、ブラジリアンワックスは女性がTバックのビキニ水着を着るために行われるようになった脱毛方法といわれていて、Tバック発祥の国のブラジルから名前をとって「ブラジリアンワックス」と呼ばれるようになったという説もあるほどです。

さちこ

ブラジリアンワックスは欧米を中心に人気のある脱毛方法で、近ごろは日本でも注目を集めています。

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスは大きくわけると2種類あります。

ソフトワックス

1つはソフトワックス。

ソフトワックスの場合、脱毛をする部位に温めたワックスをぬったらその上にワックス脱毛専用の不織布をあてます。

脱毛する時はその不織布を引きはがすことでワックスもいっしょにはがします。

ハードワックス

もう1つはハードワックス。

ハードワックスのブラジリアンワックスの場合、ワックスが冷えると固まるのでそのままワックスをはがすことで毛をはがします。

ブラジリアンワックスの使い方

ブラジリアンワックスの種類やサロンによってお手入れの仕方が若干違いますが、ここでは基本となる使い方を紹介しますね。

ムダ毛を伸ばす

ブラジリアンワックスを使う時は毛をワックスに絡ませる必要があるのでムダ毛を一定の長さまで伸ばす必要があります。

ブラジリアンワックスで脱毛する場合、最低でも1cm以上の長さでムダ毛を整えておくようにします。

ワックスのかたさを調整する

ブラジリアンワックスがかたすぎると肌に塗りにくかったり、剥がす時に痛みを感じやすくなってしまいます。

そのため、肌の上でよく伸びるかたさに調節します。

ハチミツより少しかためにするのが目安です。

脱毛箇所をきれいにする

脱毛前にブラジリアンワックスを塗る部分を洗い、水分をしっかり拭き取るようにします。

肌に油分や水分、汚れががついているとブラジリアンワックスが肌につきにくくなり脱毛効果が落ちてしまうからです。

一度できれいに脱毛するために先に肌をきれいにしておきます。

ブラジリアンワックスを塗る

ブラジリアンワックスを塗る時は一度に全体に広げるのではなく、少量ずつとって小さな範囲に少しずつ均一に塗っていくのがポイントです。

ブラジリアンワックスを固める

ソフトワックスの場合は専用の不織布を貼って、手で押し付けてブラジリアンワックスと布をしっかりと定着させます。

ハードワックスの場合はそのままワックスが固まるのを待ちます。

ブラジリアンワックスを剥がす

ブラジリアンワックスが固まったら皮膚を押さえながら毛流れと逆方向にワックスや不織布を剥がします。

きれいに脱毛するには躊躇せずにいっきに剥がすのがポイントです。

ゆっくり剥がすと毛が抜けにくくなる上に、痛みも感じやすくなってしまいます。

ブラジリアンワックスのメリット

ツルツルに脱毛できる

ブラジリアンワックスを使った脱毛では、脱毛した箇所をすぐにツルツルにすることができます。

そのため、急なムダ毛処理が必要なときにはとても便利!

さらに、ブラジリアンワックスは肌に密着させたワックスをはがすので、肌表面の古い角質や産毛も一緒に取り除くことができます。

ブラジリアンワックスを使った後は肌がツルツルになり触り心地がよくなるのはそのためです。

全身の脱毛に使える

レーザー脱毛や光脱毛は毛根の黒いメラニンのある部分に反応するレーザーや光を使って脱毛します。

そのため、色黒の人や日焼けした肌、色素沈着や色が濃い部分がある場所、粘膜に近い部分の脱毛をするのは難しいです。

一方、ブラジリアンワックスは肌の色に関係なく、VIOなどの粘膜に近い部分にも使えるのがいいところです。

Iゾーン脱毛など粘膜ぎりぎりの脱毛にも向いています。

ムダ毛を好みに整えられる

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので脱毛してもまた毛が生えてきます。

そのため、水着を着るなどムダ毛がはみ出るのが心配という時はムダ毛を全て処理したり、友達と温泉に行くという時は形や量を整えるだけにしたり。

その時々で自分の好みにあわせてムダ毛を整えられるのがいいとことです。

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスは痛い

ブラジリアンワックスはワックスを固めて皮膚から剥がすので、ワックスを剥がす時に痛みを感じることがあります。

施術の仕方が間違っていたり、施術者の技術が低いと肌が荒れたり赤くなったり、毛穴がブツブツと赤くなったり、腫れや色素沈着など、肌トラブルが起こることがあります。

きれいに処理しきれないことがある

ブラジリアンワックスがムダ毛にしっかり絡まっていなかったり、ムダ毛の長さが足りなかったりすると全ての毛をきれいに脱毛しきれないことがあります。

その場合、ワックスで脱毛しきれずに残った毛はピンセットで1本ずつ抜いて整えたりする必要があります。

繰り返し脱毛が必要

ブラジリアンワックスは生えている毛を引き抜くだけの脱毛方法です。

そのため、2〜3週間するとまた毛が生えてきます。

毛根にダメージを与えたりして毛を生えてこなくする脱毛とは違うので、毛が生えてくるたびに脱毛をくり返さなければいけません。

ムダ毛の長さが1cm以上ないと脱毛できない

ブラジリアンワックスの脱毛ではワックスに毛を絡めて、それを固めて引き剥がすためある程度の毛の長さが必要です。

そのため、脱毛をしたいと思っても毛が短いと脱毛できなかったり、きれいに処理できないことがあります。

ブラジリアンワックスでの脱毛は自分でもできる?

ブラジリアンワックスは市販されているのでセルフケアもできます。

ただ、VIOなどは自分では見えにくいので自己処理がしにくいです。

また、自分でやると痛みで躊躇してワックスを思いっきり剥がせなかったりして失敗することもあります。

失敗をなくしたいという時はブラジリアンワックスを扱っているサロンでの施術がおすすめです。

ブラジリアンワックスはセルフ脱毛におすすめ

ブラジリアンワックスはすぐにきれいに脱毛できるので急なムダ毛処理が必要な時にはとても便利です。

でも、ブラジリアンワックスは一度脱毛したら毛が生えてこなくなる光脱毛やレーザー脱毛とは全く別物です。

セルフ脱毛をしたいと思っている方におすすめです。

さちこ

この先、ムダ毛のお手入れをなくしたいという場合には向きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です