脱毛当日に生理になったらどうする?施術はできる?VIO不可の店舗が多い理由

脱毛当日に生理になったらどうするの?

脱毛の予約をしていたのに、生理になってしまった!ということ、普通にありますよね。

スケジュールを練って前々から準備していたのに、よりによって当日…がっかりしてしまいます。

では生理になってしまった場合、脱毛の施術は受けられるのでしょうか?

今回は、脱毛の当日に生理になってしまった時の施術はできるのか、またどうしてVIO不可なのかという理由を紹介していきます。

脱毛当日に生理になったらどうする?

生理になってしまったから脱毛できない。

と思うかもしれません。

まず最初にやらなければいけないのが、施術を受けるクリニックやサロンに連絡をすること。

どのように対応すれば良いのかサロン・クリニックに確認してみましょう。

生理中でも施術できる箇所があるので安心してください。詳しく紹介しますね。

さちこ

脱毛できる箇所は店舗によって異なる

生理中でもVIOやお尻以外の脱毛を受けられる店舗が多いです。

しかし場所によっては生理中の脱毛に対応していない場合もあるので注意が必要です。

また、サロンとクリニックでも対応の違いがありますので説明していきます。

脱毛サロンの場合

脱毛サロンですと、生理の場合は施術を断るケースが多いです。

理由は、万が一施術中に体調不良や肌のトラブルが起こってしまった時に対処ができないからです。

これは脱毛サロンが医療機関ではないため、衛生管理の基準が定められていないことによります。

生理の血液がタオルや施術台に付いてしまうのも、衛生面や気持ちの面で良くないですものね。

このことから、ほとんどの脱毛サロンで生理中の施術はおすすめしていません。

クリニックの場合

クリニックでは受け入れてくれるところが多いです。

クリニックは医師や看護師が対応してくれますし、衛生管理もしっかりしています。

それでも生理中のVIO脱毛を断るのは、感染症や皮膚の疾患を予防するためにきちんと方針が定められているからなのです。

そしてなによりクリニックは医療機関なので、体調不良や肌のトラブルにも対応してくれるので万が一の時も安心です。

ですが店舗によって対応は様々あるので、

クリニックは生理だけど多分大丈夫!

自己判断せずに、一度店舗に確認してみるのが確実です。

生理中でも脱毛できる箇所はどこ?

一部の脱毛サロンとクリニックの多くでは、生理中でも顔や腕、脚や脇などは通常通り脱毛の施術を受けることができます。

たとえ生理中であっても、VIO以外のほとんどの部位を脱毛することが出来るのはありがたいですね。

さちこ

ですが生理中は肌が敏感になりますし、体調にも変化が起こりやすいので注意が必要になります。

もし生理中に施術を受けて、少しでも気分が悪くなったり肌に痛みを感じたら、遠慮せずにすぐ伝えましょう。

生理中の脱毛はVIO不可の店舗は多いその理由

生理中はVIOの脱毛が出来ない店舗が多いです。

その理由は何なのか、お伝えしていきます。

肌が敏感

生理中の肌は、いつもよりダメージを受けやすい状態になっています。

コンディションが悪くなる時期なので、肌が傷つきやすく、普段よりも施術中に痛みを感じやすくなってしまう恐れがあります。

そのため、肌の炎症や肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。

できれば、脱毛は生理が終わってから施術することをおすすめします。

ホルモンバランスで肌が荒れやすい

生理前〜生理中はホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になります。

施術によっては、脱毛に熱エネルギーを使用するところもあるでしょう。

普段は肌に赤みなどの異常が起こらない人でも、生理中ではダメージを受けてしまうことがあります。またホルモンバランスが乱れると、人によってはイライラしたり眠気が出たり…精神面でも影響が出てしまいます。

さちこ

穏やかな気持ちで施術を受けるためにも、出来れば生理後にした方がいいですね。

腹痛や頭痛が起きやすい

生理の時に腹痛や頭痛に悩まされる方も多いと思います。

腹痛が起こる原因は、生理前〜生理中に子宮内膜の中に出来る『プロスタグランジン』という物質によるものです。

このプロスタグランジンは、生理の時にはがれた子宮内膜を体の外に押し出す大事な役目を果たしてくれます。

ですがその時に子宮の収縮を促し、収縮が強くなると生理痛として腹痛を起こしてしまいまうのです。

また頭痛は、生理前〜生理中にかけて分泌量が増える『エストロゲン』が原因と言われています。

エストロゲンの分泌は排卵前にピークを迎えて、排卵後に急激に減ります。

この時のエストロゲンの急激な減少により、血管を収縮させる作用がある『セロトニン』という物質も一緒に減少します。

それにより脳内の血管が拡張してしまうため、頭痛が起きてしまうのです。

また生理中のストレスによって、筋肉が緊張して頭痛を起こす場合もあります。

なので生理中は無理をせず、いつも以上に自分の体や心を労ってあげてくださいね。

脱毛当日に生理になった!キャンセル料は店舗によって違うので要確認

脱毛当日に生理になってしまったら、まずお店にキャンセルの連絡をしますよね。

お店によっては施術の1・2日前までならキャンセル料が無料というところが多いですが、中には施術の1分前までならOKというところもあります。

またキャンセル料にも違いがあります。

回数が決められている場合のキャンセルだと、1回分の施術が消化されてしまいます。他にもペナルティとして料金を支払わないといけないお店もあり、対応が様々です。。

さちこ

こうなってしまわないためにも、予約する際にキャンセルが無料で出来るのは予約の何日前までなのか、当日キャンセルによるペナルティはいくらなのかをあらかじめ確認しておくと安心です。

クリニックや脱毛サロンでは、時間をあけて予約時間に合わせてお客さんを待っています。

なので当日にキャンセルすると、お店側は1回分の施術料金を失ってしまうことになります。

お店側に迷惑をかけないように心がけましょう。

脱毛当日に生理になったらサロン・クリニックに確認しよう

今回は脱毛当日に生理になったら施術はできるのか、VIO不可の店舗が多い理由についてお伝えしました。

生理は、健康な女性ならほぼ決まったサイクルで月に1度あります。

でもロボットではないので不規則になってしまったり、体調を崩してしまう時もありますよね。

ですので当日キャンセルをしてしまうのも仕方がありません。

大事なのは『お店側に必ず連絡を入れること』。

次回の施術は自分もお店側も気持ちよくできるように、マナーを守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です