脱毛の打ち漏れとは?判断の仕方や対処法を紹介します

脱毛の打ち漏れとは?判断の仕方や対処法を紹介します

脱毛をしていると施術後に自然とムダ毛が抜け落ちていきますが、一箇所だけ毛が残ってしまっているなんてことがあります。

「もしかして打ち漏れかな?」と思っても、毛の抜け落ち具合は部位や毛質によっても違うので、なんとなく自信がなくてサロンに相談できずにいるなんてことも。

今回は脱毛の打ち漏れについて知っておきたい判断の仕方や対処法について紹介します。

脱毛の打ち漏れとは?

レーザー脱毛や光脱毛ではレーザーが当たったところにだけ脱毛効果が現れます。

そのため、レーザーを当て損ねる部分がでてしまうと一部分だけムダ毛が残ってしまうということがあるんです。

それを脱毛の「打ち漏れ」「照射漏れ」と呼びます。

レーザー脱毛や光脱毛は手作業で行うため、施術をする人の技術力によって脱毛効果に差が出てしまいがちです。

脇などのように平らな部位で機器をスムーズに動かせるところでは打ち漏れは起きにくいです。

一方、ひざのように骨のある部位やデリケートゾーンなどの凹凸のある部位などは打ち漏れが出てしまう可能性があります。

サロンやクリニックでは打ち漏れがないように細心の注意を払って施術を行いますが、打ち漏れを心配して何度も同じ部分に照射すると肌の負担になってしまいます。

そのため、肌に負担をかけず、いかに漏れなく照射するかが施術者の腕の見せ所というわけです。

技術が十分でない人が施術すると脱毛したいところにきちんとレーザーが当たらず脱毛の効果が得られないことがあり、打ち漏れとしてムダ毛が残ってしまいます。

脱毛の打ち漏れはどう判断すればいいの?

脱毛の打ち漏れの判断の目安になるのは施術後のムダ毛の残り具合。

光脱毛やレーザー脱毛の場合、照射部位のムダ毛はだいたい2週間ほどで抜け落ちます。

ですが、照射漏れがあるとそこだけ毛が残ってしまうので自分で確認することができるというわけです。

まずは施術後にしっかり毛の抜け落ち具合や肌の様子を見ておくことが大切です。

まわりの毛が抜けていっているのに、ムダ毛が列のようになって残っていたり、一部分だけ集中してムダ毛が残っているなど、ムダ毛が不自然な残り方をしている場合は打ち漏れの可能性が高いです。

さちこ

注意したいのは、ムダ毛が抜け落ちないからといってすべてが打ち漏れというわけではないこと。

例えば、事前の自己処理ができていないくて施術時にムダ毛が長いままだった場所や、色素沈着やほくろなどがあり照射できない部分など、施術時にあえて一部分だけを避けて照射することもあります。

また、VIOなどの太い毛は毛根がしっかりしているので照射されていても抜け落ちにくいことがあります。

脱毛で打ち漏れがあったらどうする?

脱毛の打ち漏れの対応はサロンによって若干違います。

ですが、打ち漏れは技術不足による人為的ミスのため、無料で再度照射をしてくれるというサロンやクリニックが多いです。

良心的なサロンでは優先的に予約を入れて再度施術してくれたり、打ち漏れの場合は完全無料保証というサロンもあります。

そのため、脱毛の打ち漏れが疑われる場合はすぐにサロンに連絡をするようにします。

その際、打ち漏れかどうかわからなくなるので自己処理で毛を剃らないようにしましょう。

サロン側で「打ち漏れ」と判断できないと再照射してもらえないこともあるからです。

毛はそのままにしておいて、できればスマホなどで写真を撮って記録しておくとより安心です。

打ち漏れかどうか自分では判断できないというときもまずはサロンに連絡をして確認してもらうようにしましょう。

さちこ

脱毛の打ち漏れに対応してくれる期間はどのくらい?

サロンやクリニックによっては「打ち漏れの場合、前回の施術から4週間以内に連絡が必要」など、脱毛の打ち漏れによる再照射を行うための期間を設定してるところもあります。

その場合は保証期間内に連絡しないといけません。

期間が決まっていると焦ってしまうこともありますが、脱毛では毛が抜け落ちるまでにおおむね2〜3週間かかります。

なので、焦って早く連絡しても「もう少し様子を見てください」と言われてしまうこともあります。

また、脱毛機器の種類によっても毛が抜けるまでの日数が違いがあり、長いものだと照射から2〜4週間かけて毛が抜けるものもあります。

心配なら早めに連絡して毛の抜け落ちるタイミングなども確認してもらい、その上で様子を見るのが安心です。

打ち漏れかな?と思ったら早めに相談しよう

ほとんどのサロンやクリニックでは打ち漏れの場合は再照射の対応をしてくれます。

サロンやクリニックによって打ち漏れに対応できる期間や条件などが違うので自分の契約をしっかり確認しておくことも大切です。

また、ムダ毛が抜け落ちず自分では打ち漏れだと思っていても、よくよく確認すると打ち漏れではないということもあります。

打ち漏れが疑われる時はまずはサロンに相談してプロに確認してもらい、もし打ち漏れと認められない時は理由をきちんと説明してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です