うなじや襟足の脱毛はどうなの?意外と人気のうなじ脱毛のメリット

うなじや襟足の脱毛はどうなの?意外と人気のうなじ脱毛のメリット

うなじや襟足は自分からは見えない部分ですが、うなじや襟足が毛深くて悩んでいる女子は意外と多いです。

うなじや襟足は自分で手入れするのが難しく、頑張って手入れをしてみてもまたすぐに毛が生えてきてしまうのでがっかりしてしまうこともありますよね。

さちこ

そのため、うなじや襟足は脱毛する人が意外と多い人気の脱毛パーツの1つなんです。

そこで今回はうなじや襟足を脱毛するメリットや気をつけることなど、うなじや襟足の脱毛の基本について紹介します。

うなじや襟足の脱毛とは?

うなじ、襟足というのは首の後ろから髪の生え際あたりのことで、ポニーテールなど髪をアップスタイルにすると見える部分です。

髪が長くていつもダウンスタイルにしているならなかなか見えませんが、浴衣でアップスタイルにしたり、首から背中が大きく開いたドレスを着る時などに気になる部分。

また、混み合った電車やエレベーターなど人との距離が近くなると目に入りやすいところでもあります。

さらに、うなじや襟足は自分では見えない部分なのでケアすることを忘れていたり、自分でケアするのが非常に難しいです。

そこで脱毛サロンでお手入れするという人が多くいます。

うなじや襟足の脱毛をするメリット

首がきれいに見える

うなじや襟足を脱毛すると首の後ろのムダ毛がなくなるのですっきりとさわやかな印象になり、首がきれいに見えます。

また、余計な毛がなくなることで首と頭の境目がハッキリして首が長く見えるという効果もあります。

いつでもきれいな後姿をキープできるので、アップスタイルやショートカットなどいろいろなヘアスタイルに挑戦しやすいのもいいところ。

着物や浴衣などの時はアップスタイルにすることが多いので和装が多い人は後姿がきれいになりますよ。

さちこ

人目が気にならなくなる

ふつうに生活していると浴衣やドレスを着る機会というのは限られているのでうなじや襟足はお手入れするのを忘れてしまうこともあります。

そのままきれいに着飾ってもムダ毛の処理を忘れてしまったことで人に見られている気がして落ち着かず、イベントやデートが楽しめなくなってしまうなんてことも・・・

脱毛してしまえばいつでもきれいな状態を保てるのでうっかりケアするのを忘れてしまったなんてこともなくなるメリットがあります。

ムダ毛の自己処理をしなくてすむ

夏は首元が開いた服を着たり、髪をアップスタイルにする機会が多いのでうなじや襟足が露出することも多いです。

でも、うなじや襟足を自分でお手入れするとなるとかなり頻繁にケアしなければいけません。

さらに、うなじや襟足は他の部位と違って自己処理するのがとても難しいです。

うなじや襟足は自分で見るだけでも大変なので、カミソリなどを使ってムダ毛を処理するというのは至難の業。

脱毛ならプロにお手入れしてもらえるし、脱毛が終われば自己処理をする必要もなくなります。

清潔に保てる

うなじや襟足は頭の後ろの下の方なので髪が溜まる場所です。

そのため、暑い季節は汗をかきやすくなるし、汗や皮脂をそのままにしているとそこから嫌な臭いがしてしまうこともあります。

うなじや襟足を脱毛すると見た目をスッキリさせるだけでなく、ムダ毛をなくすことで清潔感も保てるようになります。

うなじや襟足の脱毛に必要な回数は?

うなじや襟足の脱毛に必要な施術の回数は毛の量や毛の太さなどに違いがあるので人によって変わってきます。

平均すると脱毛効果を感じるまでにだいたい6回ほど施術するのが目安です。

毛の量が多い人や、ムダ毛をほとんどなくしたいという場合は10回以上の施術が必要になることもあります。

うなじや襟足の脱毛をする際の気になること

うなじや襟足の脱毛範囲や形を明確にする

うなじや襟足には明確な範囲の決まりがありません。

そのため、脱毛サロンでうなじや襟足の脱毛をする場合は髪の生え際までが範囲になることが多いです。

ただ、人によって毛のはえ方や量は違います。

また、襟足をどういう形にしたいかの好みも人によってそれぞれです。

髪の生え際はW型やU型、ジグザグ、直線など意外とたくさんの種類があるので、こうしたいという希望のスタイルを施術前のカウンセリングでしっかりと伝えるようにします。

また、実際にサロンスタッフにうなじ、襟足を見てもらってどういうスタイルならできるのかきちんと相談することも大切です。

うなじ、襟足の脱毛では髪は脱毛できません。

自分が思っている脱毛可能範囲とサロンでできる脱毛可能範囲がずれていることもあります。

施術後に思っていたのとは違うということにもなりかねません。一度脱毛してしまうと元には戻せないので事前にしっかりと打ち合わせするようにしましょう。

さちこ

うなじや襟足脱毛に痛みはあるの?

サロン脱毛の場合、感じ方は人によって差がありますがどの部位も多少の痛みはあります。

その中でもうなじや襟足は比較的痛みを感じやすいパーツです。

光脱毛の場合、脱毛の光は毛根のメラニン色素に反応して熱に変わりダメージを与えます。

そのため、毛の量が多かったり、太い毛がたくさん生えていると痛みを感じやすくなります。

ただ、脱毛に使う機器は出力を調節できるので痛みが強い場合はサロンスタッフに相談すれば光を弱めであててもらうこともできますよ。

うなじや襟足の脱毛の施術後は紫外線対策をしっかりする

首の後ろは日差しが当たりやすいですが、自分から見えない部分なのでふだんから日焼け止めを塗るのを忘れてしまうことが多い場所です。

脱毛後は肌が敏感になっているので日差しはしっかりと避けたいところ。

そこで施術直後はつばの大きな帽子をかぶったり日傘をさして日光をシャットアウト、翌日からはしっかりと日焼け止めを塗るようにします。

バケハなどで対策するのがおすすめです。

さちこ

うなじの毛で悩んでいるなら脱毛はおすすめ

うなじや襟足は自分ではお手入れしにくい部位なのでサロンでプロに任せたほうが簡単にきれいにムダ毛の処理ができます。

ふだんあまり目に付かない部分ですが、うなじや襟足を脱毛しておくと浴衣や着物、ドレスなど着飾った時の後姿がとてもきれいに見えます。

うなじの産毛が濃い、襟足の毛が多いと悩んでいる人にはおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です